06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

sarry's

ワンコとHulaとLomiLomiのある暮らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

もう一年なんだよね。 




父が他界して明日でまる一年。

時が過ぎるのは早い。

去年の7日、父のために…の一心で松井式の気功施術の
受講に出掛けていました。
その夜中に亡くなることも知らずに。

午前中の講義を受けて急いで帰宅して病院へ行き
容態が急変していて愕然としたことを昨日のコトのように思い出す。

癌は突然、急変する。。。と、先生から伝えられたけれど
痛みを緩和させようと大量に投与される薬物によって
身体の臓器の全ての機能は破壊されてしまうんだろうな。
と思った。
前日まで辛そうだったけど歩けてたのに、話せてたのに。。

日付けが変わって少しして
父は眠ったまま荒い呼吸が突然、波が引くように静かになり
浅い呼吸がしばらく続いて息を引きとりました。

母は父の臨終の時ずっと手を握りしめて送るコトができました。
私もずっと傍らに寄り添って送ることができました。
兄と弟、義妹には嘘をついたけど、魂は完全に抜け切ってないハズだから
嘘でもないかな。
家族全員に看取られて、眠ったまま逝った父は穏やかそのものだったと思う。

そう。父が望んでいた安楽な死。

だからなのかな、悲しいし寂しさはあるけれど、残された家族全員
しっかり前を向いて歩くコトができてる。
父は家族の絆をより深くしてくれた気がする。

父は闘病中、不老不死になりたい。とふざけて母に言っていたらしい。

「死」が結果的に不老不死なんだなって思った。

亡くなった歳以上、もう、永遠に年齢を重ねることはなくて
残されたものの中に思い出としてイキイキと生き続けることができる。
だから父の笑顔、トーンの高い声を今でも鮮明に思い出す。


ホント、一年経ったんだな。


先日の法要でのご住職のお話。。
勢至菩薩さまの導きで仏の修行に入る大切な一年の始まりなんだそうな。
じいじ、頑張って!



そしてこの一年、支えてくれた多くの人に感謝します。
ありがとうございました。
















スポンサーサイト

category: つぶやき

cm 0   tb 0   page top

ハートを捧げて。。 







3月11日。

もう4年。まだ4年。。。



このちっさいちっさいハートが

星空へ届きますように。



category: つぶやき

cm 0   tb 0   page top

因縁。。。果 


父の病気をきっかけに始まったボディケアの学び。



実は私はあまり人の身体に触れることが好きではないんです。

けど、父を癒してあげたい。。。そう思った時、なんの迷いもありませんでした。

大切な人に、他人に任せるのでなく自分が感謝と慈しみをもって

向き合えるコト。

こんなに素晴らしいコトはないなっ!って思いました。


父の闘病中、本当にたくさんのギフトをいただきました。


数年前に始めたロミロミを見直すために新しい先生の門を叩き、

先生の明るくおおらかな人柄に癒され、笑顔を忘れずに

いられることができました。


気功で自分自身の免疫力を高める様々な技法や緩和ケアを

ボランティアで指導してくださった先生との出会いもありました。


そして門をたたいた「松井式気功」では、残された時間もなく

焦る私に講師のお二人は本当に親身になって、「気」の出し方や

使い方を教えてくださいました。



父には私が学んだコトのほんの少しだけしかお返しできませんでした。

「さおりがしてくれた手当て、気持ち良かったなぁ」

その言葉、その声が今も私の中に生きています。



松井式美容マスター認定の日曜日、こころの勉強会に始めて参加しました。

仏教の教えの学びの場です。

難しくてたくさんの?????だらけです。

その中に「縁起の真理」という学びがありました。



因があって縁が働いて果が起きる。この縁によって起きるので縁起と。。。。


因=種

縁=環境、つながるもの

果=因+縁


父の残していった小さな「種」はたくさんの不思議な見えない糸を

紡ぎあわせて…今の恵まれた「環境」を私に与えてくれました。

けれども果には程遠い、まだまだ縁の只中にいます。



認定証をいただいたことを父の仏前に報告しました。

そうして、いつもいつもこんな私の背中を押し続けてくれた

たっくんにも。



私のハスの花はいつ開花するのかな?

その花の色は何色なんだろう。。

綺麗な色だなぁ。って思える日がくるように

毎日を一生懸命歩こうと思う。

今の私を支えてくれるたくさんの人たち、私にたくさんのことを

教えてくれた通り過ぎていった人たち、そしてこれから出会うだろう

まだ見ぬ人たち。。

たくさんの人たちへの感謝と慈しみを忘れないでいよう。



そんなことを思う日曜日でした。








category: つぶやき

cm 2   tb 0   page top

精進します。 




ぢつは。。。

昨年、年末に箏の師にご挨拶にうかがった時…

師から箏を譲り受けてもらいたい。

と。お話があった。


師の数あるお箏の中でも、一番大切にされていたお箏。

中堅以上の弟子しか触れることが許されていない…

師にとって宝物のようなお箏。


師にはお断りを申し出たけれど、却下。





社中の名、「松籟」と刻まれたお箏は、師のご主人との婚約のお祝いに

今は亡きお父様から贈られたもの。

口前には象牙が施され、流れるような美しい木目、響きある音色。

その時から50年という長い歳月を師と共に刻んできたお箏。

師のすべてが吹き込まれたお箏。


師は、社中を引き継ぐ重責は誰にも負わせることは出来ないけれど

師として受け継がせるべき伝統と技は伝えきらなければならない。と。



そしてそのお箏はやってきた❗️



「側近の先生一人にしか報告していないから、他の弟子には内緒よ」

と茶目っ気たっぷりに笑う。



もぅ十分、重責なんですけど。。。

師の伝える古典曲の演奏技術と新曲の譜面通りの演奏ではない

曲に命を吹き込む技。

そして女性としての誇りと美しさをまとった生き方。

素晴らしい師に出会って25年、師の思いを真摯に受け止めて

気持ち新たに精進していきたいです。





















category: つぶやき

cm 0   tb 0   page top

2015年への思い 

日曜日。。。

この辺りは一日早い成人式の日でした。

ご近所の女の子が晴れ姿をお披露目に来てくれました❤️

先月女のコを出産したばかりの新米ママ😊

初々しくて、眩くて…

そしてママになった覚悟なんだね、

瞳は優しく、強く、そして何より凛としてた。

おめでとう❤️

素敵なファミリーツリーを築いていってね♪




その日の午後は東京に出掛けて松井式の気功美容のお勉強へ。

講師のまーくさんから突然に「今年の抱負」をお話するように

言われました😅

「学びのスタートと挑戦の年」とか言った気がする(笑)



私…今年は覚悟を決める年なんだよね。

いろんなことを隠れ蓑にして前に進むコトを先延ばしにしてきた自分。

たくの旅立ちが全部を語ってる。

「退路はもう無いよ」って。

もうね、わかってるよ。

逃げないし、進むよ。

動きだしちゃったしね、2015年❗️

201501120240060d7.jpg









category: つぶやき

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。